渡辺塗装ブログ
  • HOME
  • 渡辺塗装ブログ

震災から3年

イメージ写真

あの大きな震災から、もう3年が経ちました。

時間が経つとみんなの記憶が段々薄れていて、過去の事柄になって

しまっていくような気がしていますが、まだまだ被災地では、

復興が進んでいない所があるので、まだこれからかと思います。

建設に携わるものとして、安心して住める住宅や町が少しでも早く

進んでいくため、ずっと忘れずにいたいと思います。

そんな事しかできない非力な自分ですが、気持ちはずっと持ち続けます。


2014/03/11カテゴリ:震災 関連

浸水災害お見舞い

イメージ写真

最近天候が不順で、よくあちこちで集中豪雨が降ります。

15日のお盆の時の集中豪雨で、水路が決壊して、
つい最近塗り替えさせて頂いた、宇治市の住宅がある地域で
浸水被害が多く発生しました。

幸い塗り替えさせて頂いたお宅は、難を逃れたのですが、
4、5軒横のお宅は、1階が流されて、すごい被害が出ました。

当初は徹夜で作業がされていたようですが、
現在でも復旧作業が進められています。

又同時期に大阪や各地でも、被害がでているようです。
被害を受けられた方は、本当にご苦労されているかと思います。
一日も早い復旧、心からお祈りします。
2012/08/20カテゴリ:震災 関連

あれから一年

イメージ写真

あの忌まわしい大きな震災から、一年が経とうとしています。

いまだに進まないがれきの処理や、原発の爪跡を見るとなんだか
この一年間みんなで何が出来たのか、複雑な思いがします。

一人の人間の力はあまりにも小さいけれど、人のつながりの大きさや
大切さなどが、まざまざと感じられました。

ただみんな、目の前の事を全てを受け入れて、目の前の事から
一つずつ一歩ずつ、前に進んで行くしか出来ないと思います。

がんばろう 東北。 がんばろう 日本。
2012/03/11カテゴリ:震災 関連

節電とイルミネーション

イメージ写真

HI3E0359.JPG

12月になり、あちこちでイルミネーションがされています。
節電との兼ね合いで、一部中止されているとも聞きますが
やはり影響の無い程度に実施して欲しいものです。

クリスマスのシーズンはやはり、こうして有るべきと思います。
忘年会もありましたが、忙しくさせて頂いているので、早めに帰ります。




2011/12/15カテゴリ:震災 関連

温かい気持ち

イメージ写真

HI3E0338.JPG

先日名古屋で、塗魂ペインターズの会合があったのですが
震災で津波にあった、岩手の陸前高田の中野塗装さんが、復興で大変な中
出席され、いろいろ話を聞くことが出来ました。

今もまだ、変わらぬ状態で、国の政策が決まらないので、なかなか復興が進まない
状態との事を聞き、改めて爪跡の深さを感じました。

まだ仕事も手につかない状態なのに、わずかばかりの支援のお礼にと
副業の木彫りのストラップを持参してくれました。

みんなの会社の名前が入った物で、一つ一つ作って頂いた事に
なんだか申し訳ない思いでしたが、ありがたく頂いてきました。


ストラップを見るたび、自分に出来る事を今精一杯やっていくと言う気持ちを
思い出したいと思います。


2011/11/21カテゴリ:震災 関連

花火と震災

イメージ写真

震災からもう5カ月経ちました。

当時は当然祭りや花火の雰囲気では有りませんでしたが、
被災地でも、祭りや花火が人たちの活力になりだしています。

今まで当たり前に感じていた事が、とてもありがたく大切なものだと
花火を見ながら何となく考えていました。

誰も前を向いて歩いていくしかないのだから。

2011/08/11カテゴリ:震災 関連

節電に向けて

イメージ写真

京都でも梅雨が明け、夏真っ只中になり、今世間は節電の真っ最中です。
塗料もその一躍が担えるように、各メーカー遮熱塗料や断熱塗料が
PRされています。

塗り替えの際は弊社でも、遮熱、断熱塗料をお勧めはしていますが、
日本ペイントから、家の中を節電しても部屋が明るくなる「アカルクス」と言う
塗料が発売されています。

天井や壁に塗ると光を反射して部屋全体が明るくなり、
省エネになるようとの事です。

使った人の話では部屋が明るくなりすぎるほど効果があるそうです。
一度どこかで使ってみて又報告します。

2011/07/09カテゴリ:震災 関連

被災者支援の形 2

イメージ写真

先日高知の塗装店の代表が、福島県南相馬市へボランティアに行かれました。

そちらは緊急時避難区域に指定されている所で、避難所と違い
自宅に自主避難されている方が多数おられる所だそうで、
政府からの支援物資は避難所におられる方のみで、その場所は
被災していても、支援が受けられない場所のようです。

そちらで自宅非難されている方を援助するため「ビジネスホテル六角」
のオーナーの大留さんが支援物資を協力依頼されている事実を聞いたそうです。
震災からもう二ヶ月以上もたっているのに、いまだそんなに困窮されている方がいると
言うことを聞いて、みんな唖然としました。

原発からも20.3キロと非常に微妙なエリアで、自主避難のため
正常な生活が出来ない状態が続いているとの事で、われわれ塗魂ペインターズとして
支援物資の提供をする事に全員一致で決定しました。

みんなの代表として、愛知の池田さん、埼玉の原島さんと川又さんが忙しい中、
支援物資を福島で調達し、現地まで届けて下さいました。

今回参加できませんでしたが、非常に喜ばれていたそうで、本当にお疲れ様でした。
これからも何か出来ること少しでも出来れば、続けて行きたいと思います。

http://sites.google.com/site/michinokuoentai/home

2011/06/04カテゴリ:震災 関連

被災者支援の形

イメージ写真

東日本大震災から早くも、2ヶ月が経ってしまった。
今なお厳しい状況の中、各地の団体、個人からいろんな形で支援がされている。

私たちが所属する「塗装で出来る社会貢献」を進める塗魂ペインターズの中でも
色々議論された。

震災が起きる以前から社会貢献に活動してきた団体の、われわれが持つ技術は
建物を維持するためのものなので、どんな形で今回の震災に
取り組んでいけば一番役に立てるか、喜ばれるかを会員同士で模索した。

早々に被災地へ行ってボランティアをして来た会員からも、闇雲に現地へ行っても
役に立つものではないとの話の中、ひとつの結論が出た。

被災者の中で、職が無くなった塗装職人を各企業で一時的にでも雇い入れて
経済的な支援をする窓口になれるのではと言う動きに決まった。
もちろん支援を受け入れてくれる企業も同時に募集していく。

もちろんこれだけで終わると言うことではないが、長丁場になる復興の第一歩として
動き出していこう。

今後必ず塗装が役に立てるときが来た時、精一杯活動できる体制を整えて。
http://www.to-kon-painters.com/

2011/05/16カテゴリ:震災 関連

東日本大震災 4

イメージ写真

今回の地震で、所属している日本塗装交流会の東北のメンバーが被災して、
大変な状況と言うことを聞いて、会長が少しでもサポートしようと現地へ行くことになった。

それでほかの地域からも、向こうで必要な救援物資を集めて持っていってもらおうとなり、
こちらからブルーシートを宅急便で送らせてもらった。

現地では救援物資も少しずつ入っているようだが、まだまだ不十分との事で
少しでも役に立つなら、出来ることしていきたいと思う。

昔から言われている「困ったときはお互い様」の気持ちで、
みんなで少しずつ出来ることをして、この危機を乗り切っていこう。

2011/03/26カテゴリ:震災 関連

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月間アーカイブ

お見積り・ご相談など何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

メールのお問い合わせ

フリーダイヤル:0120-93-0016

携帯電話からは:075-641-1123

京都の伏見にある渡辺塗装では、外壁塗装・屋根塗装・内壁塗装・各種塗り替え・防水工事・リフォームなど住まいの事なら何でもご相談可能です!

  • 塗装工事をする前に知っておきたい!
  • 外壁塗装って、いくらぐらい?簡単・無料お見積り
  • 渡辺塗装のスタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • 渡辺塗装の施工事例
  • お客様の喜びの声
  • 渡辺塗装ブログ
  • 鳥居販売
主要エリアは、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県です。

京都府

京都市( 伏見区、南区、下京区、中京区、上京区、左京区、右京区、東山区、山科区、西京区、北区)、亀岡市、南丹市、向日市、長岡京市、大山崎町、八幡市、久御山町、宇治市、城陽市、宇治田原町、京田辺市、井手町、木津川市( 山城、加茂)、精華町、笠置町、南山城村、他近隣

滋賀県

大津市、志賀町、高島市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、他近隣

大阪府

枚方市、高槻市、茨木市、吹田市、豊中市、寝屋川市、門真市、島本町、他近隣

奈良県

奈良市、生駒市、他近隣

  • facebook
  • twitter