渡辺塗装ブログ
  • HOME
  • 渡辺塗装ブログ

屋根の素材と耐久性

イメージ写真

DSC_0225.jpg

先日お見積りに伺った屋根の状態ですが、
アスファルトシングルが張ってあり、15年ほどで
反ったり千切れたりで、ボロボロになってしまっています。

この年数でここまで状態がひどいのは、正直初めてなので
よほど素材が良くなかったのかもしれません。

又サイディングの外壁のシーリングも、耐候性の弱いシーリングだったのか
目地から脱落して無くなっている所が多くありました。

建てられた建設会社は、もう連絡がつかないとの事で、相当その場限りの
やり方で進められていたのかと思いました。

根本的な補修が必要になるかと思いますが、その建物のため、
住まれている方のためを考え、最良のご提案をしようと思います。



2012/11/03カテゴリ:塗り替え

どこまで塗るか

イメージ写真

DSC_0138.jpg

DSC_0139.jpg

住宅の塗り替えの際、どこまでが施工範囲なのか、聞かれる事があります。

屋根、外壁は全て見える範囲、そのまま全てですが
付帯物の樋等は、状況により判断しています。

建物の樋は当然範囲ですが、テラスや物置の樋は色褪せがひどければ、
同様に塗装します。
又軒樋の内側は、雨が流れて剥がれる場所なので、通常は塗装しません。

クーラーの室外機やアンテナの支柱も同様に、錆が発生しそうならば、
塗装しています。

一般的にはそうですが、状況を見て、塗装しておけば長持ちする物は
極力塗装して、塗っても剥がれる可能性のある所は、ご説明をして
塗らずに置いておくこともあります。

塗り替えでは、全体の仕上りを重要視しています。


2012/10/11カテゴリ:塗り替え

塀の塗装と裏からの水分

イメージ写真

DSC_0169.jpg

高台に立っている住宅の塀の塗装をさせて頂きました。

擁壁(ようへき)と言われる、建物の地盤を支える塀の上部の
塗り替えでした。

雨の水分がじわじわと染み出してくる所なので、
普通の塗料では、裏からどうしても剥がれてしまいます。

新しいコンクリートの場合なら、塀専用の水分を通気させて
剥がれにくいシリカ系の塗料が出ているのですが、以前に
普通の塗料で塗装されてしまっているので、今回は
浮いた塗膜をはがして、再度同等の塗料で仕上ました。

一見塀の塗装は簡単そうに感じますが、塀は特に塗料の選定が
重要で、一つ間違うと剥がれの原因になる所です。

2012/10/03カテゴリ:塗り替え

塗り替えと巨大な蜂の巣

イメージ写真

DSC_0146.jpg

塗り替えのお見積りに行った北区の住宅ですが、軒裏に大きな蜂の巣が
有りました。

この時期は冬に向けて巣作りをしているのか、よく見かけます。

作業するには撤去しないと出来ないし、ただこの規模はさすがに
十分注意しないと、刺されて大変な事になるので、保健所を呼ぶか
検討します。




2012/09/25カテゴリ:塗り替え

割れていたサイディング

イメージ写真

DSC_0137.jpg

住宅の塗り替え現場です。

電気の引き込みの支持アングルが、破風に取り付けられているのですが
長い間の重みで下がっていました。

紹介してして頂いた大工さんに、破風の交換の依頼をしたのですが
同じ物が無いとの事でした。
又施主さんに確認した所、現状での補修を希望されていました。

幸い支持金物はしっかりして固定していたので、割れた部分をビスで固定し、
シーリングをたっぷり充填してから、雨が回らないようにガッチリ塗装で
固めました。

先の事まで考えて施工していないケースが多く、テレビのアンテナの支線等も、
よく同じ方法で止められていて、この部分が痛んでいることがあります。

なかなか気付かない様な所ですが、精一杯補修しました。

2012/09/19カテゴリ:塗り替え

サィディング壁の宿命

イメージ写真

DSC_0100.jpg

現在塗り替え中の住宅の外壁です。

サイディングの継ぎ目に打ってあるシーリングが切れて
ボロボロになっています。

シーリングと言うものは、年数がくると必ず弾力性が無くなり
打ちかえる時期が来ます。

ほっておくと雨が裏側に侵入して、漏水したり、壁自体が弱ってくるので、
定期的にシーリングの打ちかえが必要になるので、メンテナンスは欠かせません。

新築の住宅でもよく施工されていますが、これがサイディング壁の宿命です。

2012/09/10カテゴリ:塗り替え

壁の塗料の剥離

イメージ写真

DSC_0088.jpg

他社が吹付した外壁の補修に行ってきました。

スキンと言う石目調の吹付材ですが、下塗りのシーラーが入っていないのか
いたるところで、剥がれてきていました。

大袈裟に足場を掛けないで補修してほしいとの事でしたので、
梯子と脚立で出来る範囲の補修をしました。

まだ数年かしか経っていないとの事で、本当に情けないやら
可哀想やらで、塗装した業者の質を疑います。

塗装の質は何年かしてから成果が出るので、やはりしっかりした
施工を続けていこうと、再認識しました。




2012/09/06カテゴリ:塗り替え

屋根の形とアンテナ

イメージ写真

DSC_0015.jpg

DSC_0017.jpg

塗り替え中の屋根ですが、先端で折れ曲がった、とても変わった角度になっています。

新しく屋根を葺き替えることも検討しましたが、この形は曲がる素材のシングルしか
施工できないため、今回は塗装で保護する事になりました。

又樋を変える際も、特注の金物でオーダーし、アンテナを引っ張る支持金物も
特別にこちらで作成しました。

複雑な形状の建物は、なかなか合わせるのが難しいのですが、
何とか対応させて頂きました。





2012/07/28カテゴリ:塗り替え

ガイナ 断熱塗料

イメージ写真

関西では特に、節電が叫ばれている昨今ですが、
昨日の夜、TBSテレビで「ガイナ」と言う塗料が紹介されていました。

断熱の性能がある塗料で、屋根や外壁に塗装するだけで
断熱の層が出来て、夏の暑さを軽減する事が出来ます。

塗装なので建物の構造をいじらずに、割と手軽に、断熱の効果が発揮できます。
「少しでもクーラーを抑えたい」、「夏場の暑いのがとにかくつらい」など
感じられていれば、塗装で出来るエコ・節電を ぜひ一度検討してみて下さい。


昨日の番組紹介

ガイナの紹介動画
2012/06/18カテゴリ:塗り替え

鋳物とは

イメージ写真

HI3E0520.jpg

HI3E0521.jpg

建物の外構に使われる、鋳物と言う素材があります。
アルミ等の合金を溶かして型に入れて固めるため、複雑ないろいろな形状に出来ます。

今回は門のゲートとフェンスの鋳物が色褪せていたので、下地の処理後
塗装する事にしました。

建物がきれいになると、今まで気にならなかった他の部分が目立ってくる
事があるので、塗装出来るものは一緒にお勧めしています。

シックなダークブラウンで、塗り替えます。




2012/06/15カテゴリ:塗り替え

お見積り・ご相談など何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

メールのお問い合わせ

フリーダイヤル:0120-93-0016

携帯電話からは:075-641-1123

京都の伏見にある渡辺塗装では、外壁塗装・屋根塗装・内壁塗装・各種塗り替え・防水工事・リフォームなど住まいの事なら何でもご相談可能です!

  • 塗装工事をする前に知っておきたい!
  • 外壁塗装って、いくらぐらい?簡単・無料お見積り
  • 渡辺塗装のスタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • 渡辺塗装の施工事例
  • お客様の喜びの声
  • 渡辺塗装ブログ
  • 鳥居販売
主要エリアは、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県です。

京都府

京都市( 伏見区、南区、下京区、中京区、上京区、左京区、右京区、東山区、山科区、西京区、北区)、亀岡市、南丹市、向日市、長岡京市、大山崎町、八幡市、久御山町、宇治市、城陽市、宇治田原町、京田辺市、井手町、木津川市( 山城、加茂)、精華町、笠置町、南山城村、他近隣

滋賀県

大津市、志賀町、高島市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、他近隣

大阪府

枚方市、高槻市、茨木市、吹田市、豊中市、寝屋川市、門真市、島本町、他近隣

奈良県

奈良市、生駒市、他近隣

  • facebook
  • twitter
  • スマートフォンサイトへ